ホーム

検査時間が短く、高性能な1.5テスラMRI装置を導入
CTやエックス検査と違い放射線を使用しないので、安心して検査していただくことができます。
頭部、脊椎、関節、腹部など様々な部位の検査が可能です。
■静かな1.5テスラMRI装置
一般的なMRI装置は検査の時に工事現場のような激しい音がします。
当院のMRI装置は、検査騒音を低減し、検査時の音への緊張と不安をできるだけ取り除きました。
■高精細・スピーディーな検査
最新の高磁場(1.5テスラ)装置を導入することで従来より短時間で検査可能です。
また最新のアプリケーションで診断の可能性を広げています。

捻挫、打撲、骨折などの外傷をはじめ頚部痛、腰痛、関節痛、手足のしびれ、骨粗鬆症、スポーツ障害、職業性疾患、腫瘍性疾患などの検査・治療を行います。
リウマチ科では、関節リウマチを中心として膠原病、ベーチェット病、シェーグレン症候群、脊椎関節炎、リウマチ性多発性筋痛症などの診断と治療を行います。
理学療法士によるリハビリや運動指導はもちろん、病気になる前に予防として筋力をつけられるようスポーツトレーナーによる運動指導なども行います。